ナチュラルケアグループで働く先輩歯科医師の紹介

先輩ストーリー - Senior a Story -

木谷 園実

職種

歯科医師

木谷 園実 Dr.

キャリア:15年

出身地:広島県

グループ唯一の女性院長です。
スタッフが目標をもって仕事をしてくれるように、日々話す機会を作っています。
これからの在宅医療において歯科の役割はとても重要になってきます。
人が幸せな人生を送る上で「食事」というのは欠かせません。これからも歯科医師として、高齢者の方の美味しく楽しく幸せな食事の時間をサポートしていきたいと思っています。

no.01 / 私の仕事

私の仕事は、在宅療養歯科支援診療所の歯科医師として外来に通うのが困難な患者さんのもとへ訪問し歯科診療にあたることです。
在宅療養されている患者さんの多くは、義歯を入れる事を諦めてしまっていたり、虫歯が放置されていたりして、本来外来に通うことができていたら受ける事のできた治療が全くできていない場合があります。
しかし要介護高齢者の方でも、お食事を楽しみにしている場合は多くあり、私はそのような方々にも最期まで安全にお食事を食べて頂きたいと思いますので、外来で受ける事のできる治療のほとんどを在宅でもできるようにしています。

no.02 / 仕事をする上で心がけること

目の前の患者さんに対して100%向き合い、患者さんの声に耳を傾けるようにしています。また、衛生士や事務のスタッフに対しては、唯一の常勤の女性院長ということで、できるだけスタッフの気持ちに寄り添いながら日々業務にあたるようにしています。また、スタッフの小さな変化にも気づいてあげられるように心掛けています。

no.03 / 入社してよかったところ

訪問歯科ですが、いろいろな経歴の先生と働いているので、チームワークがあり、小さな事もすぐに相談できます。
自分のルートの患者さんで難抜歯の患者さんがいれば、調整して別ルートの外科の先生が同行して下さったり、逆に難症例の義歯の患者さんがいたら私が呼ばれることもあり、足りないところをお互いに補いながら診療に当たっています。
また、先生同士で褒めあいながらお酒を飲んでる時間がとても好きです。

Time Schedule ナチュラルケア先輩の一日をご紹介

am 9:20

1件目の施設の最寄駅で往診車にピックアップしてもらう。

いつもピックアップがバラバラなので、毎日起きてから考えます。。笑

1件目の施設の最寄駅で往診車にピックアップしてもらう。

am 9:40

1件目の施設往診スタート→申し送りから診療に入ります。

患者さんは日によって体調もバラバラなので、送りはしっかりやります。

1件目の施設往診スタート→申し送りから診療に入ります。

am 11:30

午前中の診療を終えて一度クリニックに戻ります。

ルートによっては一度帰る場合もありますので、お昼にクリニックで事務仕事したりします。

午前中の診療を終えて一度クリニックに戻ります。

pm 12:00

クリニックで衛生士とお昼ごはん

今は産休明けの事務さんが赤ちゃんをつれて時短勤務しているのでここで癒される 笑

クリニックで衛生士とお昼ごはん

pm 13:15

クリニックを出て、午後の診療へ

午後の診療は患者さんが沢山いますので、うまくスケジュールを組むことが大事です。

クリニックを出て、午後の診療へ

pm 15:30

午後の治療の申し送りを済ませて施設を出ます。

特に外科処置をしたり、麻酔を使った場合はしっかり書面で報告します。

午後の治療の申し送りを済ませて施設を出ます。

pm 16:00

戻り→予約外来を一人診る

外来もしっかりやります。小さい子供も診ますよ。

戻り→予約外来を一人診る

pm 16:30

外来を終え、訪問診療のカルテ入力

戻ってきてから診療情報提供書の作成や次回のルートについて衛生士と相談します。

外来を終え、訪問診療のカルテ入力

pm 17:45

衛生士の終礼にでる

院長として、報告や、注意もこのときに優しく。。笑  伝えます。

衛生士の終礼にでる

pm 18:00

退社

院長会議などがある場合には本部に集合します。

Private 私のプライベート

金曜日などは、会議のあとに先生同士で食事に行ったり、飲みに行くこともあります。

仕事も100%で飲み会も100%でONとOFFを切り替え、できるだけお休みの日は仕事のことは考えないようにします。

「仕事と同じくらいプライベートにも全力投球!!」

木谷 園実
見学会の流れ - FLOW -見学会の流れ - FLOW -
WEBでエントリー - ENTRY -WEBでエントリー - ENTRY -

Naturalcare Blog

facebook

このページのTOPへこのページのTOPへ