ナチュラルケアグループで働く先輩医師の紹介

先輩ストーリー - Senior a Story -

人羅 俊貴

職種

医師・訪問診療

人羅 俊貴 Dr.

キャリア:16年

出身地:大阪府

生野愛和病院で緩和ケアに重点をおいて専門外来と訪問診療をしております。
癌終末期の患者様を在宅でサポートする事。今後は緩和ケアチームを組織して在宅患者様やご家族様に関わっていけるような取り組みをしていきたいと思います。

no.01 / 私の仕事

卒後15年までは基幹病院で消化器癌の手術や抗癌剤治療に携わってきました。
卒後10年目より癌終末期の緩和ケアに興味を持ち勤務病院の緩和ケアチームに所属し、緩和ケア病棟の設立や緩和ケア外来を日常業務と平行して担当するようになりました。これまでの業務を通して、癌終末期の在宅診療に興味をもち平成27年4月より在宅医療を行っている現職で勤務することとなりました。現在は施設や居宅の訪問診療に携わっています。認知症や神経難病のため通院困難な患者さんは高血圧症をはじめとする様々な疾患を併存していることが多く、日常生活を穏やかに過ごしてもらえるように医療の面からのサポートをさせていただいております。加えて、在宅での療養を希望されている癌終末期の患者さんを積極的に受け入れるため生野愛和病院で緩和ケア外来を設置し、病診連携のもと在宅での緩和ケアを要する患者さんを家族とともに癌終末期医療を行っております。

no.02 / 仕事をする上で心がけること

診療の上では患者さんから些細な訴えを引き出すために、目の高さや問診の仕方など話しやすい環境を気にかけ診察するようにしております。介護に携わっているスタッフや家族からも日々の状態を伺うようにしております。

no.03 / 入社してよかったところ

以前の急性期病院勤務では、土日に出勤しなくてはいけないような雰囲気や夜間の緊急の呼び出しのため自分の時間を勤務に当てることが多かったのですが、現在はオンコール体制がしっかりしており夜間や週末をゆっくり過ごせるようになりました。
学会発表でも上司からの無理な演題登録や参加の強制もなく、自分の興味のある学会に自由に参加できます。また、その間の費用や代理医師の確保にもサポートがあり学会活動にストレスが無くなりました。医師同士も仲がよく、専門外で知識がなくて困った場合でも気軽に相談できるので臨床現場ですごく助かっています。

Time Schedule ナチュラルケア先輩の一日をご紹介

am 7:00

子供の通学同行

起床して朝食を済ませたら、小学生の子供を学校まで送っていきます。

am 8:50

SNSミーティング

SNSを利用して、出勤スタッフ全員でミーティング。

SNSミーティング

am 9:00

専属運転手の迎えにより病院に出勤して外来勤務

週1日は予約制の緩和ケア専門外来を設けて診察しています。

午前の訪問診療

pm 12:00

昼食

外来勤務を終え、社員食堂にてスタッフとランチタイム

pm 13:00

病棟回診

病棟で療養中の在宅患者様を中心に、患者様の在宅復帰に向けて回診を行います。

病棟回診

pm 15:00

専属運転手の送迎による臨時往診

施設や居宅で療養されている重篤患者様に対して臨時往診をします。

専属運転手の送迎による臨時往診

pm 16:30

カルテ入力や書類処理

当日に診察した患者様のカルテ入力のほか、情報提供や意見書等の書類を作成します。

カルテ入力や書類処理

pm 17:30

業務終了

明日の訪問スケジュールを確認して退社。

pm 19:00

帰宅・夕飯

いつも玄関で子供達が帰りを迎えてくれます!
一家で夕食。子供たち中心の食卓が一日の疲れを癒してくれます。

pm 20:30

入浴・リラックスタイム

子供たちと一緒に入浴し、眠りに就くまで色んなお話をしています。

pm 22:00

就寝

Private 私のプライベート

平凡かも知れませんが、家族で過ごす休日が一番楽しみです。
これまで働きはじめてから仕事に追われ趣味というものは特になかったですが、今年からグループ内医師に習ってゴルフを始めたいと考えています。
また、ダイエットのため以前やっていた自転車を再開し、友人と琵琶湖1周のツーリングに行けたらと考えています。

休日は家族で出かけたり、趣味の水泳や自転車も楽しんでいます。

人羅 俊貴
見学会の流れ - FLOW -見学会の流れ - FLOW -
WEBでエントリー - ENTRY -WEBでエントリー - ENTRY -

Naturalcare Blog

facebook

このページのTOPへこのページのTOPへ