ナチュラルケアグループで働く先輩事務長の紹介

先輩ストーリー - Senior a Story -

職種

医療事務長

松本 健太郎さん

キャリア:3年 出身地:大阪府

もともと幼少期から祖母と過ごす事が多く、将来は介護関係の仕事をしたいと思っており、大学卒業後、介護施設で7年間介護職をしていました。介護の現場で働くにつれ、医療業界に強く憧れを抱き、医療業界に転職。
全く知識がないままでの転職、戸惑い、驚き、学びの毎日でした。
現在では少し余裕が出てきスキルアップのため諦めかけていた『介護支援専門員』の資格の勉強と仕事で日々、奮闘中です。

01 私の仕事

日翔会病院は、在宅患者様の数1000名を超え年間看取り件数も80件ほどと在宅に特化した診療所です。そんな当院には医師・看護師・診療助手・医療事務・医療クラーク・ドライバーと総勢30名ほどの職員がいます。
私の一番の仕事は職場のみんなが楽しくやりがいを持って協力しあえる職場環境づくりだと考えています。その為にはどの職種の人間も同じベクトルで仕事ができ、お互いがフラットな関係で相談しあえる風通しの良い環境が必要と思いますので、私は一人一人の声に耳を傾けそれぞれの悩みやストレスを少しでも取り除けるように知恵を振り絞っています。
また、今後超高齢化社会を迎えるにあたって、地域に密着したクリニックになる事も課題の一つです。高齢の方や障害をお持ちの方を支えていく地域の一員になるには、地域の病院や介護事業者・または行政や地域のコミュニティとの関わりが必要不可欠です。そのバイパス的な役割として、また当院の顔として様々な方と関わることも私の重要な仕事です。

02 仕事をする上で心がけること

患者様のお気持ちを第一に!
訪問診療を開始する際、患者様・家族様と診療の契約を交えます。その際、過去の病歴や現在お困りの事・当院に対しての要望などを聞き取りしています。

03 入社してよかったところ

プロ意識が強く勤勉なスタッフが多い!!
そのおかげで、私も諦めかけていた「介護支援専門員」の資格に再度チャレンジしてみようと思い、日々勉強に励んでいます。汗
そのスタッフそれぞれが専門性を高ることによって、結果として、少しでも利用者様とご家族様の安心、安全に繋がればと思っています。

私のチーム

ナチュラルケアグループの顔といえば、もちろん医師や看護師ですが、私たちマネージャーは医療コンサルタントとして活躍する職種です。
各クリニックを所属先として医師や看護師が滞りなく円滑に業務に従事できるように、施設の介護スタッフやケアマネジャー、居宅のケアマネジャー、あるいは病院のソーシャルワーカー、そして自院の医師と看護師、全ての職種が円滑に業務を遂行できる環境を作るための潤滑油としてクリニックに関連する人の日常業務をコーディネートしています。
また、事務長としての仕事をこなしながら、営業に行く事もあります。営業先では新規施設の情報をいち早くキャッチし、コンサルタントできる診療所を探しマッチングさせます。その他にも各所で開催されている多職種の集まる勉強会や会合に参加する事もあります。たくさんの仕事を全て一人で行っているようなイメージですが、やはりこれには仲間が必要です。ナチュラルケアでは営業メンバーが9名おり、常に連絡を取り合い、打ち合せやSkype会議で動きを確認し、情報共有しながら、そして夜の集会(笑)などなど、楽しいメンバーで活気溢れる職場です。

ナチュラルケア先輩の一日をご紹介 Time Schedule

am 8:50

出社

・メールチェック
・その日の業務確認
・アポイントの電話

出社

am 11:00

ケアマネージャーとの打合せ

ケアマネージャーとの打合せ

am 12:30

昼食(お昼寝)

昼食(お昼寝)

pm 12:00

利用者様宅訪問(契約)

利用者様宅訪問(契約)

pm 17:00

帰社

事務処理・明日の予定の確認

帰社

pm 18:30

医療介護連携カンファレンス参加

pm 19:30

帰宅 ビール

帰宅 ビール

pm 23:30

就寝

私のプライベート

・サッカー
・焼き肉 

この世で一番うまい食べ物
・そして焼き肉^-^

自宅に帰って、ご褒美のビール!!!
見学会の流れ - FLOW -見学会の流れ - FLOW -
WEBでエントリー - ENTRY -WEBでエントリー - ENTRY -

Naturalcare Blog

facebook

このページのTOPへこのページのTOPへ